鈴木ほねつぎ/鈴木整体研究所

スズキ・カイロプラクティック

愛知県名古屋市西区城西3−21−17 離屋会館1階

受付時間(予約優先):午前9時~12時30分、午後3時~6時30分
休診:日曜日(全日)、木曜日・祝日の午後

お気軽にお問合せください

052-522-7472

平成31年(2019年)年賀状、季節葉書

新年・天恵・隆盛 平成三十一年 元旦

名古屋城と日の出

膝の痛み、原因はいろいろ
平成31年1月 No.150

ウメ(平成30年3月4日、庄内緑地公園)

多くの方が膝の痛みに悩み、なかなか回復せず不安を感じています。痛みの場所は膝の前の上下、内側や外側、膝裏といろいろです。この場所により主に傷ついている筋肉や靱帯は違います。今回は内側について記します。膝の内側には骨盤から脛骨内側に着く縫工筋、薄筋、半腱様筋、半膜様筋という筋肉があります。また内側側副靱帯や内側半月(軟骨)があります。これらが傷んでいると膝の曲げ伸ばしや歩行の時に膝の内側に痛みが走るのです。筋肉や靱帯の状態を良くすることが必要です。ご自分でも押して痛い箇所をゆっくりとやさしく揉んでやって下さい。また膝を内側に入れて立ち上がったり、がに股で歩くことは傷める原因となりますので止めましょう。

膝の外側に出る痛みは?
平成31年3月 No.151

タチツボスミレ(平成25年4月14日、海上の森)

先回に続き、膝の痛みについて話します。長時間歩いていると、膝関節から下腿の外側にかけて走るような痛みが生じることがあります。特に少々ひどい足首の捻挫の経験があった人は要注意ですね。関係する筋肉は大腿二頭筋と腸脛靱帯です。足の外側に体重がかかるような歩き方をすると、これらの筋肉が「疲れ」てきて、痛みを発します。さらに下腿の外側についている筋肉である前脛骨筋、長趾伸筋、長腓骨筋が硬くなってしまい、歩行が長くなると痛みが出てしまいます。これらの筋肉の状態を良くすることが大切です。

膝の裏側の痛みは?
令和元年5月 No.152

東谷山山頂より西方を望む
(令和元年5月5日、東谷山)

令和の御代が始まりました。新天皇の御即位をお祝い申し上げます。

さて、膝の痛みの続きです。今回は膝の裏側、フクラハギの上部に起こる痛みについて話します。長く立っていたり長時間歩いていたりすると、フクラハギが痛くなる。もしくは歩いてもそれほど痛くないが、正座や膝を曲げるとこの箇所に痛みが生じる時です。半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋に加えて膝窩筋という筋肉の問題です。またフクラハギの奥にあるヒラメ筋も関係します。椅子に座って、奥の方にあるこの筋肉をやさしくほぐしてみて下さい。少し楽になりますよ。