鈴木ほねつぎ/鈴木整体研究所

スズキ・カイロプラクティック

愛知県名古屋市西区城西3−21−17 離屋会館1階

受付時間(予約優先):午前9時~12時30分、午後3時~6時30分
休診:日曜日(全日)、木曜日・祝日の午後

お気軽にお問合せください

052-522-7472

日本カイロプラクティック徒手医学会(JSCC)

第20回記念学術大会

テーマ:脊柱・・・カイロプラクティックの再考
JSCC執行部主催
期日:平成30年(2018年)10月6日(土)、7日(日)
会場:品川区立総合区民会館 きゅりあん6F

講演、ワークショップなどの内容

基調講演
「脊柱マジック−脊柱治療・・・その奥深さ−」
日本カイロプラクティック徒手医学会会長
宝塚医療大学保健医療学部 中川貴雄

特別講演
「脊柱を用いた進化の発明品:カメにおける甲の獲得と人体」
国立研究開発法人 理化学研究所
生命機能科学研究センター
形態進化研究チーム・チームリーダー 倉石 滋

教養講座
「禁忌症と治療家の役割と社会的コンセンサスについて」
セラピーウェイ代表 櫻井京

ワークショップ
「BASEとセロトニン」

新札幌カイロプラクティックセンター副院長 中原裕幸

「アトラス・オーソゴナル」
上部頚椎研究室
アトラスオーソゴナル・ジャパン代表 井上裕之

「椎骨サブラクセーションとその影響」
日本カイロプラクティックドクター専門学院
Hands on グループ代表 小倉 毅

「妊娠前・中、産後のカイロプラクティックトリートメントの考察」
さとうカイロプラクティックオフィス祖師谷院長 佐藤智子

一般講演
1 「上肢の放散痛様症状がカイロプラクティックで緩解した3症例」
阿知波正人(快晴堂)

2 「股関節マイクロ牽引の歩行動作に及ぼす影響 −牽引時間の違いによる比較検討−」
中川達雄(宝塚医療大学 保健医療学部 柔道整復学科)
中川貴雄(宝塚医療大学 保健医療学部 柔道整復学科)

3 「変形性膝関節症に対して体性感覚入力を中心に施術した一症例」
柳永善(First徒手医療研究所)

4 「膜性腎症の一症例」
森厚子(Besay)

5 「顔面神経麻痺の一症例」
道坂圭三(ヤッホーカイロ)

6 「浅側頭筋膜への介入が頚部および舌運動に及ぼす影響について」
峯崎貴博(山川整形外科)
高野利彦(熊谷総合病院)

クリニカル・ポスターセッション
セッション1 「テーピングによる脊柱調整の一考察」
篠塚進(ゼロバランス協会)

セッション2 「変動重心位置検出によるsubluxation同定法」
荒川恵史(カイロプラクティックリサーチセンター)
木村功(木村整骨療法研究室)

セッション3 「肩甲骨と脊柱を連結する筋肉についての考察
鈴木喜博(スズキ・カイロプラクティック)

セッション4 「脊柱の調整は自律神経の活動を健常にするか」
            副題:脊椎原性疾患の発症機序を考えて
吉野和廣(桜カイロプラクティック)
吉野和織(桜カイロプラクティック)

注:所属は学術大会開催当時のものです。

(掲載日:平成30年11月17日)

JSCC(日本カイロプラクティック徒手医学会)学術大会一覧のページへ戻ります。