鈴木ほねつぎ/鈴木整体研究所

スズキ・カイロプラクティック

愛知県名古屋市西区城西3−21−17 離屋会館1階

受付時間(予約優先):午前9時~12時30分、午後3時~6時30分
休診:日曜日(全日)、木曜日・祝日の午後

お気軽にお問合せください

052-522-7472

平成18年(2006年)年賀状、季節葉書

新年・上昇・希望 平成十八年 元旦

平成17年9月18日の日の出 愛・地球博会場付近から

厳しい寒さが続いています。

平成18年1月 No.72

昨年末から年明けにかけて厳しい寒さが続き、各地の雪害に心配しています。体調も崩れやすくなりますので、くれぐれも風邪、インフルエンザにお気をつけ下さい。カイロプラクティックは直接感染症を治療するのではありませんが、免疫力を高めるとの報告があります。少しでもお役に立てればと、思っています。

本質を「見極める」

平成18年3月 No.73

最近の世の中には「ニセ物、ニセ者」が横行しているようです。振り込め詐欺、偽装建築、にせメール、ほら吹き。これらは「倫理観の欠如」と言えますが、私達にも「本質を見極める力」が求められています。これには努力と精進が必要でなかなか大変ですが、楽しくもありそうです。

視点を変えると

平成18年5月 No.74

歴史や社会現象は立場、視点を変えるとその評価が180度変わることがあります。「カイロプラクティックは骨を治す」は良く耳にする説明ですが、骨だけに注目していると気付かないことが多くあります。筋肉、腱、靱帯の状態に視点を移してみると、今までの理解が不十分であり、新たな広がりを感じています。「道遠し」の感です。

一対一

平成18年7月 No.75

世界中が注目しているサッカーW杯も終盤を迎えています。サッカーはチームプレーですが、基本は「ツヴァイ・カンプ」、一対一でボールを奪い合うことと雑誌の記事で知りました。カイロプラクティック治療も、人と症状に直接向き合うことが基本だと思い返しています。

よい姿勢とは

平成18年9月 No.76

「気を付け」の姿勢は一時的に注意力を高めるためで、一日中では疲れてしまいます。だらけた姿勢は良くありませんが、あまり背中をそらせすぎると腰痛、肩凝りの元です。「肩肘張らず気を抜かず」の自然体を心がけたいものです。むずかしいですネ。

あぁー、中日ドラゴンズ

平成18年11月 No.77

我が中日ドラゴンズは2年ぶりのリーグ優勝を果たし、52年ぶりの日本一を目指しました。しかし残念無念。「強い」チームになりましたが、もう一つレベルを上げて「勝つ」チームを目指して欲しいと思います。私も精進し、さらに効果的な治療法の確立を心に誓っています。