鈴木ほねつぎ/鈴木整体研究所

スズキ・カイロプラクティック

愛知県名古屋市西区城西3−21−17 離屋会館1階

受付時間(予約優先):午前9時~12時30分、午後3時~6時30分
休診:日曜日(全日)、木曜日・祝日の午後

お気軽にお問合せください

052-522-7472

日本カイロプラクティック徒手医学会(JSCC)

第05回学術大会

テーマ:「カイロプラクティックの可能性を探る —治る仕組みの考察—」
大会長:鈴木喜博
期日:平成15年(2003年)9月6日(土)、7日(日)
会場:名古屋国際会議場2号館

講演、ワークショップなどの内容

基調講演
「未だ歯科医が知らないカイロプラクターに必須の機能咬合と治療テクニック」
中村昭二(東京歯科大学衛生学講座客員助教授)

特別講演
「人体の統合システム—神経学、AK、足療学、整形外科の観点からの分析—(手術、薬物を用いない臨床家のために)」
Seung Won LeeMD, PhD, DC, DACNB, DIBAK

ワークショップ 1
「治る仕組みの考察 —肩の障害を治すための考え方—」
中川貴雄(中川カイロプラクティックオフィス)

ワークショップ 2
「アクティベーター メソッド カイロプラクティック テクニック」
小倉毅(小倉カイロプラクティックセンターグループ)

ワークショップ 3
「BASE(Brain Alarm System Entrainment) 『脳内警告系信号路』」
中原敏憲(BASE研究会)

ワークショップ 4
「3D(3次元)で変わるカイロプラクティックの常識」
堀和夫(ニューロプラクティック)

一般講演
1 「頭蓋咬合におけるボディーアラームの発現」
前田正喜(前田カイロプラクティック院)

2 「アトラス・オーソゴナル法とその症例について」
北川勇介(今井医院・今井治療室)

3 「カイロプラクティックを併合させた歯科咬合治療」
奥山輝規(奥山カイロプラクティックセンター)

4 「感覚異常に対する触刺激のアプローチからの考察 —ゲート・コントロール理論に基づいて—」
荒木寛志(フィニッシュカイロプラクティック研究所)

5 「透析アミロイドーシスによる狭窄性腱鞘炎の改善」
瀬谷浩生(ヤシマカイロプラクティックオフィス)

6 「呼吸が中枢神経系に及ぼす影響の考察」
山﨑徹(山﨑カイロプラクティック)

7 「仙腸関節機能不全と運動機能 —重心動揺からの分析—」
山本尚司(永生クリニック リハビリテーションセンター)、大藤晃義(木更津工業高等専門学校)、大場弘(Dr.オオバ カイロプラクティック)

8 「ディストーションパターン」
岸田規明(きしだSOTカイロプラクティックオフィス)

9 「神経根絞扼性障害に対する脊柱深部固有筋の関与についての考察」
東好孝(東カイロプラクティックオフィス)

ポスター展示
1 「トラスコット・システムの紹介」
畠山一(畠山カイロプラクティック)、栗原輝久(栗原カイロプラクティック研究所)

注:所属は学術大会開催当時のものです。

JSCC(日本カイロプラクティック徒手医学会)学術大会一覧のページへ戻ります。